出産費用が足りない!知って得する出産費用対策

まさに今出産費用が足りないといった時に使える助成金やローンに関する情報や出産費用の平均金額等の出産費用に関する情報を掲載していますので、出産費用に頭を悩ませている方はひと通り目を通してみて下さい。

出産費用はどれくらいかかる?

まだ出産をされた経験された事が無い方が想像している自己負担をする出産費用は40万円~50万円。しかし、実際に負担する費用は1万円から20万円程度というケースがほとんどなのです。もちろん個室の病室を利用したりする事で値段は膨れ上がってきてしまいますが、とにかく安く済ませる様にすれば1万円~20万円という低価格の自己負担で出産を行う事が出来るのです。ですので40~50万円必要なのかな…と不安になる必要はそこまでありませんので安心して下さい。

出産一時金で最大42万円を支給してもらえます!

健康保険に加入している方(本人もしくは扶養家族)で妊娠してから85日以上かけて出産された方なら出産1人につき一時金がもらえる制度がるのです。この一時金は健康保険が適用されない費用に充てる事ができ、この一時金は出産一人につき42万円支給されます。この出産一時金は産後に申請する産後申請と、出産一時金を健康保険から直接的に病院に支払ってもらう直接支払制度というものがあります。

直接支払制度とは

直接支払制度は一時金を健康保険から直接病院に支払ってもらう制度の事です。出産時に利用する産院が直接支払制度に対応しているかどうかをまず確認する必要があります。対応している場合は産院から直接支払制度を利用するかどうかの書類を渡してくれますので、直接支払制度を利用するか産後申請にするかどちらかを選択して産院提出しましょう。

産後申請とは

産後申請とは、出産にかかる費用はご自身で負担し支払いをして、その後に出産一時金に申請をして後日42万円を口座に振り込んでもらうという内容となります。まず健康保険組合から出産一時金申請書をもらい、必要事項を記入して入院時に申請書を産院に渡しましょう。産院か役所窓口で出生証明欄に記入してもらう必要があります。退院時に窓口で出産や入院にかかった費用をご自身で支払い、その後は申請書を健康保険窓口に提出しましょう。国保の場合は各市町村区の窓口に提出しましょう。申請後数週間で指定している口座に42万円が振り込まれるというシステムとなっています。

出産費用を分割で支払いたい場合

中には産後申請をしてクレジットカードの分割支払いで出産費用を支払い、出産一時金と給料やその他手当で少しづつ分割費用を支払うというリスクの少ない支払い方法が増えてきているようです。もし分割したいけどクレジットカード支払いが出来ないといった方や、出産・産後のお金に困っているといった方には主婦キャッシングをオススメします。主婦キャッシングは無利息で借りれる所が低金利で借りれる所もあるのでとっても便利です。では主婦に人気のキャッシングを見てみましょう。

じぶん銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行とauが共同出資して出来たじぶん銀行が提供しているカードローンなので安心して利用する事が出来ます。妊娠中は動く事が大変ですので、Webからの申込が出来るカードローンが最適ですね。じぶん銀行カードローンはWebからの申込が出来て、しかも借入・返済まですべてWebで行う事が出来ます。まさに妊婦の方に活用していただける銀行カードローンで、総量規制対象外ですので専業主婦の方も利用する事が可能です。

じぶん銀行カードローン詳細ページはコチラ

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行が提供している銀行カードローンなのでとにかく安心して利用出来ますね。店舗数も多いので手続きがしやすいですし、妊婦に嬉しいWebからの申込にも対応しています。もちろんネットバンキングがあればWebから借入・返済も出来るので便利ですし、最短で即日融資を受ける事が出来るので急ぎでお金が必要な方には最適な銀行カードローンとなっています。

三菱東京UFJ銀行カードローン詳細ページはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ