パートでもお金を借りれる?主婦がお金を借りる為の豆知識

pa-tosyuhu消費者金融等からお金を借りるには審査に通過しなければなりませんが、審査に通過する為には安定した収入を得ている事が大きな前提条件となります。

消費者金融というと過去にサラ金と呼ばれていた時代もあり、サラリーマンがお金を借りる場所という認知がありました。しかしながら現在では主婦や学生の方でもお金を借りる事が出来るので、消費者金融等はポピュラーなサービスになってきている様です。

さて、お金を借りるには安定した収入が必要をご説明しましたが、主婦の場合は収入といっても副業で何かするか、パートで給料を得るというケースがほとんどかと思います。

パートでもお金を借りれるのか不安な方の為に、パートでも借りれるキャッシングを分かりやすくご紹介していますので、お金を借りたい方はチェックしてみて下さい!

パートでも借りれるキャッシング一覧

キャッシング名 金利(実質年率) 融資限度額
アコム 4.7%~18.0% 1万円~500万円
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
モビット 4.8%~18.0% 1万円~500万円
イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8% 30万円~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6% 10万円~500万円
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5% 10万円~500万円
じぶん銀行じぶんローン 3.9%~17.5% 10万円~500万円

この様にパート働きの主婦の方なら様々なキャッシングを利用する事が可能です。その反面、収入が一切無い専業主婦の場合は借り入れ出来る場所が銀行だけに限られてきますので、パート働きの主婦の方は専業主婦よりも審査で有利ですので、安心して申込をする事が出来ます。

レディースキャッシングが主婦にオススメ

redhiscashレディースキャッシングは女性の為だけにあるキャッシングです。レディースキャッシングを利用すると、電話での対応は女性スタッフが対応してくれますので、お金を借りる事に抵抗のある主婦の方でも安心して様々なお金を借りる事に関する相談をする事が出来ます。

男性の場合だと少し威圧感を感じたり、女性ならではのお金の相談事はしにくいですので、レディースキャッシングは女性にとって非常に便利なサービスとなっているようです。

レディースキャッシングを提供しているキャッシング先は、プロミス・レイク・フタバが挙げられます。

プロミス レディースキャッシング

プロミスレディースキャッシングは女性専用のキャッシングです。女性オペレーターが応対してくれるので安心して相談する事が出来ますね。金利は4.5%~17.8%で、初回契約者でWEB明細利用登録をされた方には30日間無利息で利用出来るサービスを受ける事が出来ます。

短期間での返済を検討されている方は30日間無利息のサービスを活用する事でお得にお金を借りる事が出来ます。最短30日以内で返済する事が出来れば利息が1円もかからないので、短期返済を計画されている方にオススメです。

もちろん主婦の方も利用可能ですが、専業主婦の方は利用する事が出来ませんので注意して下さい。

プロミス詳細ページはこちら

レディースレイク

レイクのレディースキャッシング、レディースレイクは他社のレディースキャッシング同様に女性オペレーターが電話対応してくれるサービスのものとなっています。レイクは新生銀行のカードローンになるので、総量規制対象外になります。

総量規制対象外のカードローンの場合は専業主婦の方もお金を借りるこ事が出来ます。レイクは30日と180日間の無利息期間あるのでお得に借り入れする事ができ出ます。

180日間無利息の場合は借り入れした額の5万円まで、30日間無利息は全額無利息で借り入れする事が出来ます。

レディースフタバ

レディースフタバも他社と同じように女性スタッフが応えてくれる対応を撮っています。主婦やパートやアルバイトの方でも利用出来ますし、さいtな即日融資が可能なキャッシングです。

金利は14.959%~17.950%の設定で、融資額は10万円~50万円と大手消費者金融や銀行と較べてみると融資額は少なめに設定されています。ただ、楽天や三菱東京UFJ銀行カードローンも専業主婦に向けては融資可能上限額を設定しているので、主婦が利用するには10万円~50万円程度の利用が安全かと思います。

総量規制で年収の3分の1までが限度です

souryoukisei3.1総量規制がありますので、パート働きの主婦が消費者金融でお金を借りる場合は年収の3分の1までが借入限度額となっています。もしパートで得ている年収が90万円だとしたら、3分の1の30万円が融資限度額と決まっていますので注意が必要です。

銀行は総量規制対象外ですので、年収の3分1を超えた額でもお金を借りる事は可能ですが、無理のある借入額になる可能性がありますので、年収の3分の1までの借入額を適正借入額を考えて安全にお金を借りる必要がありますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ