化粧品や美容に使えるお金が少ない主婦が多い?不況を打ち消す対処法とは

biyouhiyou

現在正規雇用が難しくなったり、いつ倒産するかも分からない会社が増えてきている世の中、不満無く満足して生きていく事が難しくなってきています。結婚をすると養育費やマイホームのローン等さまざまな出費があるので、自分に使えるお金が少ないと不満に思う事が多々あると思います。

特に女性の場合は化粧品やエステ等の美容にかけれるお金が少なくなってしまうのでストレスを感じる事が多いのではないでしょうか?独身時代はお化粧に毎月1万弱かけてたのに、今では安物の化粧品を使ってどうにかやっていっているという方も多いのではないでしょうか?

男性は化粧をしないので、化粧品等に1万円~かける事を馬鹿らしく思い中々理解してくれないケースが多い様です。ですので化粧品や美容に使えるお金を増やしたいと相談しても快く承諾してくれる寛容な旦那さんはあまり居ないようです・・。

女性は美にお金をかける事でストレスを発散する事が出来るので、化粧品を満足に買えないまま一生を終えるなんて絶対に嫌ですよね?そんな時に使えるのがキャッシングです。キャッシングは直接お店にカードを出して支払う訳ではなく、銀行や消費者金融からお金を借りて現金でお店に支払う事が出来るので通帳に化粧品を購入したお店やエステのお店の名前が残る訳ではありません。

ですのでもし旦那さんに通帳を見られても化粧品を買っている事がバレる心配もありません。キャッシング自体もATMからお金を直接借りれば通帳に記入される心配もありません。返済は余裕がある分だけ毎月返済出来るので上手に返済プランをたてれば生活に支障が出る恐れもありませんね。

では化粧品購入に使える便利な主婦キャッシングをご紹介していきますので活用してみて下さい。

化粧品に使える主婦キャッシング

◆専業主婦には三菱東京UFJ銀行カードローン
収入が無い専業主婦の方には総量規制対象外の銀行カードローンが最適です。この三菱東京UFJ銀行カードローンはメガバンクの三菱東京UFJ銀行が提供しているカードローンなので非常に安心して利用出来るカードローンとなっており、銀行ならではの低金利になっているので返済の負担も抑える事が出来るので化粧品程度の購入に最適です!

三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細はコチラ

◆パート働きの主婦の方にはアコム
パート働きで収入を得ている方は消費者金融も利用する事が可能です。アコムは最短即日中にお金を借りる事が出来るので欲しい化粧品をすぐに手に入れる事が出来ます。自動契約機コーナーも全国各地に設置してあるしインターネットや電話・郵送からも申し込みが可能なのでご自身の都合にあった申し込み方法を選択しましょう。

アコムの詳細はコチラ

美容に使う平均費用

20代から40代にかけての毎月の化粧品に使う平均費用は1万円~2万円となっています。ただ、あくまでも平均費用ですので、1万円を切る方や、3~6万円かける方も多く居ます。女性はエステやネイルや美容院で多くのお金が必要になってしまいます。

エステやネイルに行かなくとも基礎化粧品・メイク用品だけでも毎月1万円~1万5千円程度が必要になるので結婚して子供にお金をかけなければならないという意識になると美容にお金をかけるのが難しくなってしまいますね。

そんな時にキャッシングを上手に利用する事でストレスをかける事なく美容費用にあてる事が出来るので安心ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ