子育て費用が無い!養育費が足りないピンチ時に役立つ対処法とは

kosodate

主婦のお金の悩みの一つとして挙げられるのが養育費です。

子供を成人させるまでに必要な額は一人あたり2,000万円~3,000万円必要になり、想像以上にお金がかかってしまいますよね。子供が生まれる前から子育て費用を貯蓄していれば多少の余裕は出来るかと思いますが、貯蓄無しの片働きですと、子育て費用の面で不安になりますよね。

不況な世の中ですから突然リストラされる時がくるかもしれませんし、病に倒れて仕事をする事が出来なくなり収入が無くなり子育てが出来なくなってしまう日がいつか襲ってくるかもしれません。

そんなトラブルで子育て費用が足りなくなってしまった時、ピンチを抜き出す対処法をしっておけば助かりますよね。この記事では子育て費用のピンチに役立つ対処方法をいくつか掲載していますので、是非役立ててみて下さい。

育児費用の助成金を活用しよう

育児をしていく上でとにかくお金は必要となりますが、ある程度のお金は国から援助されるので必ず活用しておいた方が良いでしょう。ではその援助制度をみていきましょう。

児童手当

児童手当制度は中学校を卒業するまでのお子さんを育てている方に支給され、所得に応じて児童手当の額が制限されます。

この児童手当を受けるには申請手続きをする必要があり、申請した翌月から支給になります。申請していない時期の分は手当を受ける事が出来ませんので早急に申請しておく必要がありますね。

児童手当で毎月貰える額は以下の通りです。

・0歳~3歳未満:15,000円

・3歳~小学校修了前:10,000円 第三子以降は15,000円

・中学生:10,000円

・所得が960万円以上の世帯は5,000円

●支給対象となる子供

日本国内に居住している0歳から15歳到達後の最初の年度末までの子供が支給対象になります。支払いが行われるのは支給対象となる子供を養育している方です。一般的には所得の高い方が手当受給者となりますが、この点に関しては各自治体によって違いますのでご自身の自治体で確認してみましょう。

●申請方法

申請する場所は現在居住している自治体・区役所・市役所で申請する事が出来ます。申請する際は赤ちゃんが生まれている必要があります。

申請時に必要となる書類等は各自治体によって異なりますので、必要書類が分からない場合はまずは自治体に相談してみましょう。

生活福祉資金貸付(教育支援金・就学支度費)

生活福祉資金貸付の中にある教育支援金は低所得者世帯に属する者が高校・高専・大学のいずれかに修学する為に必要な経費を借りる事が出来る制度です。この制度はお金を貰える訳ではなく借りる制度ですので、返済をしていかなければなりません。

就学支度費に関しては低所得世帯に属する者が高校・高専・大学のいずれかに入学する際に必要な経費を借りれるものとなっています。

●教育支援費の借入可能額

・高校:月3.5万円以内
・高専,短大:月6万円以内
・大学:月6.5万円以内

・修学支度費の借入可能額

学校を問わず50万円以内

この生活福祉資金貸付制度の教育支援費と修学支度費の保証人は世帯内で連帯借受人をつければ良いので誰かに迷惑をかける心配もありません。

しかもこの貸付金はなんと無利子で利用出来るので返済の負担が非常に少ないのが大きなメリットです。

申し込み方法はお住まいの市区町村社会福祉協議会にまず相談してから申込になります。相談・審査がありますのですぐにお金を借りれる訳ではないので注意しておきましょう。どうしてもすぐにお金を借りたい場合は主婦でも借りれるキャッシングがとっても便利です。

主婦でも借りれるキャッシングを使う

主婦でも借りれるキャッシングは最短で申込をしたその日のうちにお金を借りる事が出来る非常便利なサービスです。専業主婦のかたとパート等で収入を得ている主婦の方で選ぶキャッシングが異なってきますので下記でご紹介していきたいと思います。

◆収入のある主婦にはアコム

アコムは即日融資が可能な便利なキャッシングです。しかも30日間の無利息サービスもあるので短期間の借入にはぴったりのキャッシングとなっており人気を得ています。ただ、総量規制の対象なので専業主婦の方は利用できず、収入を得ている方だけ利用する事が可能なので注意が必要です。

アコムの詳細ページはコチラ

◆専業主婦の方には三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローンは総量規制対象外となっているので収入のない専業主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば借入出来ます。銀行ならではの低金利設定ですのでお得にお金を借りる事が出来ます。銀行といっても三菱東京UFJ銀行カードローンは最短即日融資も可能なので急ぎの方も安心ですね。

三菱東京UFJ銀行カードローン詳細ページはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ