過去の金融事故の有無

借金癖のある方は、過去にカードローンを利用して、借金の踏み倒しをしようとしたことや、返済遅延を度重なり起こした人も多いのではないでしょうか?

そのような方は、いくらお金を借りようと思っても、まずは利用しないようにすることが大切です。また、過去の金融事故については、信用情報機関という組織に登録されていますので、キャッシング会社としても、審査をする過程で、信頼できない人という烙印を押して、お金を融資することはありません。借金の管理は厳格に行われているのです。誰もが借金を返済しなければ、キャッシング会社の経営が成り立ちませんので当然のことです。

公共料金などの支払は少々遅れても、すぐに利用停止の処置に踏み切られることは少ないのですが、借金の返済については、返済遅延のことを甘く考えていますと、以降のローンの利用などに大きな悪影響を与えるのです。

多重債務となり自己破産者となってしまったような場合には、しばらくの間はキャッシングの利用などはできるはずもないのです。

お金は散財をするのではなく、必要に応じて使うのが最も良い方法で、できれば、生活を切り詰めて、少しでもよいので、貯蓄をすることをおススメします。

貯蓄をしましても、預金金利などほとんどないのですが、確実に元本は残っていますし、塵も積もれば山となりますので、定期預金などを組んでいれば、わずかでも預金金利を得られるのです。

しかし、キャッシングは逆です。塵どころか一気に山となるような金利を課されてしまいます。

金融事故を起こさないようにキャッシングは利用しない方がよろしいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ