専業主婦の場合

以前は、専業主婦の人でもお金を借りることはできました。収入を確認されることが少なかったからです。しかし、貸金業法の改正により、今では、しっかり収入を確認されますので、専業主婦のように収入がない人は、基本的にはお金は借りられなくなりました。

専業主婦の方はお金がないなら、パートやアルバイトをしてお金を確保すれば良いと簡単に考える人もいますが、小さなお子さんなどの面倒を見ているような人は、勤めにでることもできないのです。では、専業主婦の方がキャッシング(カードローン)を利用するにはどうしたらよいのでしょうか。

まずは、配偶者貸付という制度を利用することです。総量規制という規制があり、本来ならば本人の年収の3分の1まで借入れが可能ということになっていますが、例外として夫婦の収入と借入額を合算した状態での借入れが可能ですので、配偶者の同意と婚姻関係を示すような書面があれば、借入れは可能です。

また、基本的には不可能だと思うのですが、キャッシングやカードローンを銀行に申し込むことは可能です。銀行によって審査の基準は異なりますが、条件を満たせるようであれば、借入れができることもあります。

ただ、専業主婦の場合は、ご自身で返済する充てが全くないので、まずは、キャッシングを利用してお金を借りないようにすることが大切だと思います。

パートやアルバイトができなくとも、空いた時間を利用して内職などで、わずかでもお金を稼ぐことはできるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ