まずは銀行へ申込み

キャッシングを利用できる業者は、消費者金融系や銀行系、信販系などさまざまですが、まず検討すべきなのは銀行です。以前の銀行はカードローンやキャッシングのサービスなどはしていなかったのですが、収益が高いからでしょうか?最近では大手の銀行が直接キャッシングサービスを提供しています。

有名な大手の銀行は、経営基盤がしっかりしていますし、預金業務もしていますので、安心して利用することができます。そして、何よりもメリットなのが、金利が安いことです。

現在は利息制限法で上限金利が基本的には18%と決められているのですが、銀行の上限金利は14.6%なのです。わずかな差だと思われるかもしれませんが、少額の借入れならばそんなに影響はないと思いますが、万が一、借金癖がついてしまい、利用限度額まで借入れをしてしまいますと、数万円の金利負担の差が出てしまいます。

ですから、少しでも金利負担を安くするために、銀行を利用すべきだと思うのです。昔は銀行の審査は厳しいと言われていましたが、今では、基本的には本人確認をすることと、パートでの収入を問われる程度で済みますし、すぐにお金が必要な際にも、すぐに審査をしてくれて、即日にご自身の口座にお金を振り込んでくれる場合もあるのです。

しかし、しっかり返済することだけは忘れてはなりません。借金の返済は、厳格な管理がされています。度重なる支払遅延などを起こしてしまいますと、金融事故を起こしたと判断されて、それ以降のローンを組むことが難しくなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ